占い師になるにはどうすれば良いのか?

それには、まず、占い師の「果たすべき役割」を知っておきましょう。

そうすれば、何があろうともブレずにやってゆけます。

では、占い師の役割とは、どんなものなのでしょうか?

占い師

占い師の「役割」とは?

占い師は…

  • 未来はどうなる?
  • 悩みを解決するには?
  • 運を良くするには?

…などを観ることが多いですよね?

また、

  • お金持ちになるには?
  • 結婚するには?
  • 人間関係を良くするには?

…などのアドバイスもするはずです。

しかし、占い師はこれだけで良いのでしょうか?




占い師は、人を「より高次元」に導くべき!

実は、これだけでは、「占い師の役割」を果たしているとは言えません。

なぜなら、本来、占いとは、人をより高次元に導くためのものだからです。

占いとは、単に

  • 未来を予測したり
  • 悩みを解決したり

…そのような「短絡的」なものではないのです。

悩みは、人を進化させる「絶好のチャンス」!

たとえば、世の中には「占い依存症」のような人もいます。

悩みに直面したら、すぐにアドバイスをもらおうとする人です。

そもそも、この世に悩みなどない!

しかし、そもそも、この世には、本当の意味での「悩み」は存在しません。

視野が狭い私たちには、それが「悩み=不幸」に見えるだけです。

本来、悩みとは人を進化させる絶好のチャンスなのです。

占い師は「小手先のアドバイス」を避けるべき!

ですので、占い師は「小手先のアドバイス」をすることは避けるべきです。

それは、決して、本人のためになりません。

むしろ、成長するチャンスを摘み取ってしまうことになりかねないのです。

占い師は、人を進化させる「導師」!

では、占い師はどうすれば良いのでしょうか?

占い師は、相談者が「根本的に」変われるようにお手伝いするべきなのです。

それは、相談者を「より高次元」に導くと言ってもいいでしょう。

占い師は、

  • 「宇宙的視野」を持って占う
  • 厳しい事でも言うべきことは言う
  • 相談者を成長させるよう導く

…そういう存在でなければなりません。

占い師とは、人を高次元に導き、進化させる導師なのです。

それを忘れないようにしましょう。

まとめ

以上、「占い師の役割」についてお伝えしました。

…少しお堅い話になってしまいましたね。

でも、これは重要なことです。

これから占い師を目指す方は、お客様を進化させる「優れた導師」になってくださいね。

わたし

「占い師」になる方法はこちらをどうぞ!