「占い師になるには、どんな素質がいるの?」

…そんな疑問を持つ人も多いでしょう。

このコーナーでは、

占い師になるためにこれだけは必要!という「素質」や「能力」をお伝えしてゆきます。

占い師2

占い師になるのに必要な「素質・能力」

占い師になるには、最低でも、以下のつの素質・能力が必要です。

  1. 占いのスキル(知識)
  2. 読解力(センス)
  3. 表現力・伝達力
  4. 共感力
  5. 人生経験(説得力)
  6. コミュニケーション力(りょく)
  7. カリスマ性
  8. 霊感(宇宙的視点)
  9. 危機管理能力(クレーム対応力)
わたし

では、一つ一つ説明しますね。




1.占いのスキル(知識)

占い師になるには、当然、占いのスキルがなくては話になりません。

  • 占星術
  • タロット
  • 手相
  • 霊視
  • 数秘術

…どの占いをするにしても、

占い師は、その「スキル」や「ノウハウ」に精通している必要があります。

2.読解力(センス)

占いは「知識」だけあっても役に立ちません。

「センス」が必要です。

なぜなら、占い師が「どう読むか?」で、まったく結果が変わってしまうからです。

占い師になるには、優れた「読解力=センス」が必要になってきます。

ピエロ君

ここは一番重要な部分ですね。

3.表現力・伝達力

占い師は、お客様へ「占い結果」をわかりやすく伝え、納得させる必要があります。

心から納得させることができれば、お客様は自分自身の「在り方」を変えるようになります。

その結果、運命も好転してくるのです。

このようなためにも、占い師には、的確な「表現力・伝達力」が必要なのです。

4.共感力

ただ、言葉が巧みなだけでは、お客様は満足してくれません。

自分の悩みを理解してもらい、心からの優しいアドヴァイスをもらう…

そうすることで、初めて満足すると言って良いでしょう。

ですので、占い師には、人の心を理解し、人の心に寄り添える豊かな共感力」が必要になるのです。

5.人生経験(説得力)

ただ優しいだけでは、お客様を導くことはできません。

時には「叱咤激励」も必要です。

しかし、それには人生経験の裏打ちがなくてはなりません。

同じ体験か、それ以上の体験があるからこそ、人を励ますことが可能なのです。

占い師になるには、「豊富な人生経験に裏打ちされた説得力」が必要なのです。

6.コミュニケーション力(りょく)

1~5を総合的にまとめると「コミュニケーション力(りょく)」ということができます。

人間関係は「会話」で成り立っています。

ですので、ハイレベルな「コミュニケーション力」があってこそ、本当の意味で、お客様を満足させることができます。

占い師になるには、コミュニケーション力が必要不可欠です。

7.カリスマ性

しかし、単に、コミュニケーションがうまいだけでは、もの足りないのも事実です。

いくら話がうまくても、それだけではいずれお客さんに飽きられてしまいます。

なぜ、お客さんは「占い師」の言うことを信じてくれるのか?

それは、占い師に日常を超えた魅力(カリスマ性)があるからです。

占い師になるのにどうしても必要なもの、それは「カリスマ性」です。

8.霊感(宇宙的視点)

占い師になるには、やはり霊感が重要です。

お客様は、日常を変えたいのです。

そのために「普通ではない視点」からアドバイスをもらいたいのです。

  • 霊感
  • 宇宙的視点
  • インスピレーション

…占い師は、このような力を磨き出しましょう。

そうすれば「本当に役立つアドバイス」が可能になります。

9.危機管理能力(クレーム対応力)

「占い」という仕事には、クレームがつきものです。

  • 占いが当たらなかった
  • 言う通りにしたのにうまくゆかなかった
  • 自分の思っていた結果と違う

…などなど

占い師を長くやっていれば、色々なクレームに遭遇することでしょう。

クレームがうまく処理できないと、お客様とトラブルになります。

中には心を病んでいるお客さんもいらっしゃいます。

ですので、「細心の注意」を払った対応が必要です。

ピエロ君

占い師になるには、トラブルを防ぐ「危機管理能力」が求められる事も知っておきましょう。

まとめ

今回は、占い師になるのに、どんな「素質・能力」が必要か?を解説しました。

占いをするには「スキル」だけでは物足りないんですネ(≧◇≦)

  • 共感力
  • カリスマ性
  • 危機管理能力

…などなど

ある意味、ふつうの仕事以上の「素質」や「能力」が必要とされます。

経験を積みながら、「素質・能力」を開花させてゆこう!

とは言え、それは「一朝一夕」で開花するものではありません。

経験を積みながら、だんだんと発揮できてゆくものです。

あせる必要はありません!

皆さんも、少しずつ「色々な経験」を積んで、良い占い師になってゆきましょう!

わたし

「占い師」になる方法はこちら!