このコーナーでは、「メール(チャット)占い」の

  • やり方
  • 方法
  • メリット・デメリット

…などを考えてみます。

「メール占いって気軽で良さそう♪」と思うかもしれません。

確かに、メールでの鑑定は、電話で占うよりハードルが低いです。

しかし、多少の苦労はやはりあります。

メール占い師

メール占いは「占い会社」に属して、副業する場合もあります。

ですが、今回の記事では、主に、個人で開業するケースについて解説します。

「メール(チャット)占い」のやり方

では、メール占いをやるにはどうすれば良いか?

それを説明します。

1.占い会社に勤める

電話占い会社の中には、メール鑑定を取り入れている所があります。

たとえば、

…などでは「メール占い師」を募集しています。

このような占い会社で副業をすれば、すぐにメール占いを始められます。

真面目っ子

ただし、これらの会社は、電話占いがメインです。

ですので、メール鑑定だけでなく電話鑑定もしなくてはなりません。

わたし

占い師の求人についてはこちら!

2.自分で「メール占い」を開業する

家にネット環境があれば、自分で「メール占い」を開業できます。

今は、自分で占いを開業(副業)してる人が多いです。

では、具体的には、どんな方法があるのでしょうか?

わたし

それには、「ネットショップ」や「スキルマーケット」を使うのが一番です。

ネットショップ「BASE」や「STORES」で開業する

メール占いをするには、やはり「ホームページ」があった方が良いです。

えっ?「メンドウくさい」…ですか?

いえいえ((-ω- )( -ω-))

今なら、「BASE(ベイス)」や「STORES(ストアーズ)」などのネットショップがあります。

ですので、スマホ一台で簡単にホームページ(販売サイト)ができてしまいます。

あとは、ツイッターやブログを使って宣伝すればOKです。

スキルマーケット「ココナラ(coconala)」で開業する

ホームページを作るのがメンドウなら「ココナラ」を利用すると良いです。

ココナラは、自分のスキルを販売できるマーケットです。

登録すれば、すぐに「メール占い」を始めることができます。




メール占いの「メリットとデメリット」

では、次に、メール占いの「メリットとデメリット」を考えてみましょう。

メール(チャット)占いのメリット

まず、メリットをお知らせします。

1.一人で開業できる

家にネットの環境があれば、一人で開業できます。

広告ページは「BASE」や「STORES」などで簡単に作成できます。

2.拘束度がゆるい(副業に良い)

電話占いだと、お客様とマンツーマンで対話しなければいけませんよね?

これは「拘束度が高い」と言えます。

しかし、メール占いは、電話と違い、すぐに返事をする必要がありません。

やりとりに間を置くことができるので、あまり拘束されずに済みます。

わたし

メール占いは拘束がゆるいので、時間的に融通がききます。

ですので、副業には最適の形と言えるかもしれません。

3.エネルギー消耗度が少ない

「対面占い」や「電話占い」は、お客様の波動(ネガティブな気)をモロにかぶってしまうことが多いです。

その結果、かなりエネルギーを消耗してしまうものです。

しかし、メール占いは接触の度合いが少ないです。

ですので、お客様から受ける「ネガティブな気」はかなり軽減します。

4.「電話が苦手なお客さま」を取り込むことができる

最近は、対面で話したり、電話で話したりするのが苦手なお客様が増えています。

メール占いは、そんな「センシティブ」なお客様を取り込むことが可能です。

メール(チャット)占いのデメリット

では、デメリットを解説します。

1.自分で集客する必要がある

メール占いを、個人で開業する場合、ネット上でしっかり集客しなければなりません。

自分で「ホームページ」を作ったり、「SNS」などを活用することが必要となります。

2.ネットの知識が必要

上記と少しかぶりますが、

メール占いは

  • 宣伝
  • 鑑定
  • 支払い

…すべてを「ネット上」で完結させる形となります。

ですので、ある程度のネットのノウハウが必要となってきます。

もちろん、「ヤフオク」や「メルカリ」などを利用して占うのもありです。

しかし、どうせなホ-ムページを作ってしまうことをオススメします。

今は、本当に簡単にホームページを作れてしまいます。

3.「個人情報」を提示する必要がある

ネット上で占いをして、直接金銭のやり取りをする…

そうなると、通信販売法(特定商取引法)を遵守しなければなりません。

そのためには、ホームページ上に「名前」「住所」「電話番号」などを明記することが必要となります。

しかし、個人情報をさらしたくない方にとって、これはデメリットと言えます。

わたし

もし、個人情報の提示を避けたいなら、「ココナラ」を利用すると良いです。

ココナラなら、匿名でやり取りできますよ。

真面目っ子

また、バーチャルオフィスを利用するのも良いです。

…簡単に言うと「住所のレンタル」ですね。

4.「文章力」が必須

メール占いは、お客様とメールでやり取りします。

ですので、それなりの「文章力」が必要になります。

  • 言葉の的確さ
  • わかりやすい文章
  • 読む人を魅きつける表現力

…など、ある程度の筆力がないと、お客様を満足させることは難しくなります。

5.「意志疎通」がしづらい

メール(チャット)は、電話と違って、お互いの「表情」や「声色」を確認できません。

そのため、意志疎通がしづらく、時には誤解を与えてしまうこともしばしばです。

わたし

なにげに送った文章が「お客様の感情」を逆なでする事があります。

ですので、注意が必要です。




まとめ

以上が、「メール(チャット)占い」における

  • やり方
  • 方法
  • メリットとデメリット

…となります。

まとめると、

  1. メール占いは「占い会社」に所属すればできる。
  2. でも、今は、自分で開業(副業)する人が多い。
  3. メリットは拘束度がゆるく、自由にやれること。
  4. BASE」「STORES」「ココナラ」などを使えば簡単にできる。

…以上です。

わたし

ネット初心者が、一番カンタンに開業できるのは「ココナラ」かもしれませんね。

真面目っ子

占い師になるには?

他の開業方法もご覧ください。