占いの仕事を始めるにあたって、私も色々な本を読みました。

  • 占い開業のノウハウ本
  • 経営学のような本
  • 業界の裏話的な本

・・・などなど。

ですが、良い本もあれば「何だこりゃー!」と怒りたくなるようなヒドイ本もありました。

占い師関係の本は、ほんとうに玉石混合です。

そこで、今回は、占い師になるための入門書は、

  • どう選べばよい?
  • オススメの本

…などを解説します。

わたし

もちろん、本を読んで、即占い師になれるわけではありません。

あくまで「参考書」「手引き書」として活用してくださいね。

「占い系の本」で注意すべき点

「占い師になるための本」を購入する際に、注意すべき本があります。

それは、

  1. 占いセミナー誘導本
  2. あまりに大きなことを語る本

…です。

「占いセミナーへ誘導するための本」には注意

今、「占いの開業・副業」について書かれた本や電子書籍は、とても多いです。

ですが、そのなかには、著者の「占いスクール」や「セミナー」に誘導するために書かれたものもあります。

こういう本の目的は、読者をセミナーに参加させるためのものです。

ですので、肝心なノウハウがあまり書かれてなかったり、内容が薄っぺらかったりすることがあります。

もちろん、セミナーを紹介している占い本が、すべて悪いというわけではありません。

ですが、占いセミナーに誘導するための「単なる前振り」でしかない本には注意してください。

わたし

私も、このような本を購入して、ガッカリした経験が何度もあります。

あまりに大きなことを語る本

あまりに大きなことを語る本にも注意です。

  • 何千万円稼げる
  • すぐに稼げる
  • 誰でも稼げる

・・・など、派手に煽る本は怪しいです。

なぜなら、ビジネスというものは、そんなに簡単・安易なものではないからです。

あまり誇大なことを書いている本は「無責任な内容」が多かったり、「セミナーへの誘導」が目的だったりするので注意してください。

評判の良い「占い師になるための本」を購入するためには?

では、評判の良い「占い師になるための本」を購入するためにはどうしたら良いのでしょうか?

それには、まず、アマゾンのレビューなどで、口コミを確認した方が良いでしょう。

ダメな本は

  • 内容がない
  • 参考にならなかった
  • お金のムダ

・・・などの口コミが、何件もあるものです。

そういう本には注意が必要です。

ただし、たとえ口コミが良くとも「サクラ」を使っている場合もあります。

また、逆に、本は良い内容なのに、なんらかの理由で著者が攻撃を受け、ネガティブなレビューを書かれてる場合もあります。

そこらへんの見極めはムツカシイので、注意深く観察してみてください。




オススメの「占い師になるための本」

では、私が読んで参考になった「占い開業の入門書」を紹介しますね。

わたし

ただし、どうしても「合う・合わない」はあります。

ですので、ご自身でも、口コミやレビューを参考にしてみてくださいね。

1.誰も教えてくれない「占い師」の始め方・儲け方 (著:李 水明)

古い本ですが「占いビジネス運営」のポイントが、わかりやすくまとめられています。

占い師を始めたいけど、まったく右も左もわからない・・・そういう人向きです。

ただし、最近のネットを使ったノウハウは載っていません。

ですので、オンライン・ビジネスに関しては期待はできません

ですが、「占い師開業の基本」を知りたい人にとって、まずまず役立つ内容です。

2.はじめよう電話占い師(著:五十六謀星もっちぃ)

著者は、電話占い会社の「オーディション試験官」をしていた占い師さんです。

この本の良いところは、とにかく読みやすいところ。

やさしい表現でスラスラ読めます。

また、「占いの仕事」をする上で必要なことを、余すところなく書いてくれています。

特に、電話占い師を目指す人には、参考になる話がとても多いです。

3.占術談議(著:田中要一郎)

占い研究家である田中要一郎氏の対談集です。

  • 鏡リュウジ氏
  • 黒門氏
  • 天童春樹氏
  • 山道帰一氏
  • 石塚隆一氏

…など、日本を代表する「有名占い師10名」へのインタビューを掲載しています。

  • 占いを始めたキッカケ
  • どのように占い師になったのか?
  • 占い業界の裏側
  • 占いで運命は変えられるか?
  • 占いの未来は?

…などなど、普通では聞けないような貴重なお話が満載です。

これから占い師になる人は、絶対読んだ方がいいと思います。

わたし

風水・占星術・手相・タロット・四柱推命…

色々な占いのエピソードが聞けますよ。

4.占い師入門(著:高橋桐矢)

この本は、著者のエッセイのような本です。

ですが、占い師の

  • 実体
  • 心構え
  • タブー
  • 体験談

・・・など「初心者が知っておくと良い内容」が詰まってます。

2010年の出版なので「最新のネット占いの方法」などは書かれていません。

ですので、実践ノウハウに関しては少し弱い感じがします。

ですが、このようなマジメな本は、読んでおいて損はないと思います。

わたし

私は「占いライター」に関する部分が、参考になりました。

5.副業占い師ブギ(著:高橋桐矢)

色々な「副業占い師」の話をインタビューした本です。

  • 何がキッカケで占い師になれたのか?
  • 占い師になって得をしたこと
  • 副業占い師の実体

・・・などがわかって、なかなかおもしろいです。

この本を読むと、

  • 成り行きで占い師になった人
  • 兼業・副業占い師
  • 流しの占い師

・・・など、色々な人がいることがわかります。

気持ち的に「占い師になるハードル」が、かなり下がると思います。

「副業」で占いをする人に勇気を与えてくれる本、と言えるかもしれませんね。

6.聴く 話す ほめる 稼ぐ 占い師のお仕事

この本は、占い師プロデューサーさんが書いた本です。

占いビジネスを成功させるためのヒントを、124項目ピックアップしています。

  • 占いのやり取りで、こんな言葉を添えた方が良い
  • プロフィールは、こんな書き方をした方が良い
  • 収益をアップするためのプチ・アイデア

…など、お客様視点からの、ほんのちょっとした気づきを与えてくれます。

ですが、開業、起業のノウハウなどは、ほとんど書かれていません。

ですので「すでに占いの仕事をしている人」が、ビジネスを向上させるために読むと良い本ですね。

7.人間関係占星術講座(著:辛酸なめ子・松村潔)

この本は、

  • 人気コラムニストの辛酸なめ子さん
  • 占星術の第一人者である松村潔先生

…の対談本です。

残念ながら、この本では「占い師になる方法」については、触れられていません

でも、この本を読むと「占星術に対するハードル」はかなり下がると思います。

辛酸なめ子さんは、占星術のまったくの初心者です。

そんな彼女に、松村先生が「占星術のやり方」を手取り足取り教えてくれています。

ですので、占星術師になりたいと思っている方には、とても役に立つと思います。

また、占星術の「具体的な占い方法」や「実践的な占い方」なども、よ~くわかります。

わたし

占星術師を目指している人には、ぜひオススメしたい本です。




まとめ

今回は、「占い師になるには、どんな入門書(本)を読めば良いか?」を解説しました。

とは言え、オススメした本を読めば、すぐ占い師になれるわけではありません。

ビジネスの世界は「参考書」だけではわからないことが多いです。

ですので、本は、あくまで「参考知識」を仕入れるコンテンツとして活用するのが良いでしょう。

本格的に占い師を目指すなら、

  1. 丹念にネットで情報を集める
  2. 自分で試行錯誤しながら実践してみる
  3. ちゃんとした占いスクールで学ぶ

・・・などをおすすめします。

わたし

当サイトでも、「占い師になるための情報」をたくさん知ることができます。

色々な記事がありますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

てっとり早く「ネット占い」で稼ぎたい方はコチラ!

「占いの副業」はどこに登録すれば稼げる?【2021年度版】

真面目っ子

ほかにも「良い本」があると思います。

発見したら、追加してゆきますね。