「占いの帝王」と呼ばれ、昔から人気の高い四柱推命。

習得できれば、占いの幅が広がりそうですよね?

ですが、四柱推命はとても奥が深く、習得には苦労します。

  • 天干・地支
  • 十二支・十干
  • 陰陽五行

…など、東洋独特の占いルールに慣れなくては、前に進めません。

とは言え、最近は占いブームということもあって、やさしい解説書も出ています。

今回は、私自身の失敗談も交えつつ、初心者が四柱推命を独学するのにオススメの本をご紹介します。

四柱推命のオススメ本

四柱推命を学習する際の注意点

以前、私は、

  • 何冊もの入門書で勉強し
  • 地元の先生にレッスンを受け

…四柱推命の習得に励んでいたことがあります。

ですが、挫折してしまいました。

その原因は、

  • キホンである「命式の習得」をおろそかにした
  • 最初から、すべて習得しようと欲張った
  • ムツカシイ参考書を選んだ

…でした。

結局、数年後、わかりやすい入門書で一から学び直すことに…😭

この体験を踏まえ、皆さんに、四柱推命を学習する際の注意点をお知らせします。

1.習得は焦らず、じっくりと

東洋占術は、難しい用語がたくさん出てきますよね?

  • 庚寅
  • 食神
  • 干合

…などなど。

これらをいっぺんで覚えるのはムリ。慣れるまで時間がかかります。

焦らず、じっくり時間をかけて学びましょう。

2.最初に、命式をしっかり理解しよう!

四柱推命で占うには、まず「命式」を作成する必要があります。

しかし、このチャートは東洋占術独特のわかりにくさがあります。

慣れるまでは、かなりの時間と手間がかかるのです。

とは言え、メンドウだからと言って、命式の理解を怠ると先に進めません。

どんどん、わけがわからなくなります😅

最初は大変でも、命式をしっかり理解しましょう。

3.とにかく「わかりやすい入門書」で勉強する!

四柱推命は色々な入門書が出てるので、どれを読んだら良いか迷ってしまいますよね?

自分の体験から言うと、最初から「本格的な参考書」を買うと失敗します。

専門的すぎたり、情報量が多いと、ついて行けなくなりますよ。

一番初めは、とにかく「わかりやすい入門書」で勉強しましょう。

イラストが豊富で、やさしく基本を解説してくれる本だと、飽きずに読めるのでオススメです。

日本式?中国式?

最新の四柱推命の本

四柱推命には「日本式」と「中国式」があります。

どちらが良いかは好みによります。

ですが、本場中国式のほうがより深い占いができるように思います。

日本式

日本式は、吉凶を重視します。

「正財は吉」「編印は凶」というように、シンプルな見方をするのが特徴です。

なので、すこし断定的になってしまうことも…。

ただし、これは古典的流派に多いようです。

最近の日本式四柱推命では修正され、柔軟な解釈になっています。

中国式

中国式はあまり吉凶を断定せず、全体を観てアドバイスをする傾向があります。

また、色々なことを細かく吟味した上で結論を出してゆきます。

なので、より深い鑑定ができるのが特長。

ただし、その分、複雑で習得するのが大変です。




 初心者向け「四柱推命」オススメ本

過去、いろんな四柱推命の本を読んでみましたが…

でも、初心者さんにとって「これだ!」っていう完璧な本って、なかなか見つからないんですよね。

たとえば、

  • 内容は良いけど、命式の出し方がわかりにくいとか
  • 命式の出し方はわかりやすいけど、そこから先の情報が足らなすぎるとか

…どれも一長一短があります。

その中でも初心者でもラクに学べ、一通り理解できる」という本を厳選してみました。

わたし

ただし、そもそも四柱推命自体が難しい学問です。

スイスイと理解できない人もいるでしょう。

なので、初心者は焦らずじっくり、腰を据えて取り組んでくださいね。

一番わかりやすい初めての四柱推命

超初心者さん向きの入門書です。

四柱推命を独学しようとして挫折してしまった…

そんな経験がある人は、この本がオススメかもしれません。

著者の愛新覚羅ゆうはん氏は、20年間で2万5千人を占った占い師さんです。

本の特長は、命式を作りながら勉強できる【ワークシート形式】なところ

特長
  • ワークシート形式で、一歩一歩確実に覚えてゆける
  • オールカラーで見やすい
  • 一つ一つ丁寧に解説してくれて、命式の出し方が身に付きやすい

可愛いイラストで、本場、中国式四柱推命を一歩一歩確実に勉強できます。

命式の出し方、四柱推命の考え方がシンプルに身につくのが特長。

陰陽、五行、天干、地支などのムツカシイ概念も、一つ一つ丁寧に解説してくれてますよ。

わたし

四柱推命-超初心者の人にオススメします。

口コミ・評判

口コミ・評判は

  • 可愛いイラストで、超初心者の私にも分かりやすい本
  • ワークシートを埋めていくだけで、自分のことが分かるようになる
  • 複雑な四柱推命を、分かりやすく自分でも出せる本

…といった感じです。

日本で一番わかりやすい四柱推命の本

四柱推命のイロハがまだわからない…

そんな初心者にオススメです。

すでに10刷も出ている定番の入門書。

著者は林秀靜(りん・しゅうせい)氏。

当たる四柱推命を求めて、有名な台湾の風水師、鮑黎明先生に弟子入りしたらしいです。

特長
  • カラー図面で見やすい
  • 説明もやさしくわかりやすい
  • 命式の作り方から、占い方までしっかり習得できる

カラー図面で見やすく、説明もとてもやさしいです。

命式の作り方から、一通りの占い方までしっかりと習得できます

本場の中国式四柱推命なので、十二運や神殺についての説明はありません。

口コミ・評判

口コミ・評判は

  • 自分で命式を作りながら理解していくことができる
  • 四柱推命の基本の考え方は、うっすらと理解できたような気がする
  • 中国式の四柱推命を解説してる本の中では一番わかりやすい

…といった感じです。

ただし「わからない」「理解できなかった」という口コミも散見されます。

私自身はとても理解しやすかったので、この辺りの口コミは意外でした…。

真面目っ子

四柱推命自体がムツカシイですから、ある意味しかたないかもしれませんね。

わたし

Kindle会員なら無料で読めます。

まずは、ご自分で理解できるかどうか、試し読みしてみることをオススメします。

 基礎がわかった人向け「四柱推命」オススメ本

こちらは、

  • 四柱推命を少しかじったことがある
  • 命式を作ることはできる

…という、基礎がわかった人向けの本です。

2冊目の入門書としてオススメできます。

いちばんやさしい四柱推命入門

著者の神野さち氏は、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏のお弟子さんです。

この本の特徴は「通変星の解説」がとてもくわしい点

一つの星に対して9ページほども使っており、通変星の読み方が深まります。

特長
  • 通変星の解説がとてもくわしい
  • 文字が大きくレイアウトも綺麗
  • 別冊早見表で、命式を作成しながら学べる

ただし、通変星の記述が多い分、四柱推命の基本的な解説は少なめです。

なので、ある程度イロハがわかった人向き。

四柱推命の基礎を理解した人が、次のステップとして勉強するのにオススメです。

シンプル四柱推命

占い師として多くの著作があり、「CanCam」「SPRiNG」などでも活躍している真木あかり氏の本。

女性にもわかりやすく解説されてます。

クドクドした説明はなく、ほんとうにシンプルに覚えたい人向き。

ただし、まったくの初心者向きではありません。

「ある程度、四柱推命を知っているけど、まだうろ覚え」…そんな人が持つと良いと思います。

(実際、私もそれが理由で購入しました)

特長
  • ほんとうにシンプルに覚えたい人向き
  • サクッと調べられ、知識の定着が進む
  • 1年ごと、10年ごとの運命なども確認できる

「天干って何だったけ?」なんて思った時に、サクッと調べられるので、知識の定着がドンドン進みます。

とてもキレイな色使いで、なにげにページを開いてしまうカワイイ本

1年ごと、10年ごとの運命なんかも確認できて、実用的だと思いますよ。

 占いの副業をしたい方へ!

占いができるようになったら、まずは占い師デビューしてみては?

無料で占って腕を磨くことから始めるのがオススメ。

ネットショップSTORESなら0円出品できるので、「無料占い」が可能です。

●スマホだけで作れる。
●初期費用0円でスタート。
●プライバシーを守って運営できる。

これらのポイントも大きな魅力‼

占いの副業を始めるなら、STORESがオススメですよ。

登録料 販売手数料 無形商品
無料 5.5% OK

まとめ

今回は、超初心者にオススメの「四柱推命を独学できる本」について解説しました。

四柱推命を理解するのって、ほんとうにムツカシイですよね?

私も、何回挫折したかわかりません😅

超初心者の人に、私がオススメするとしたら、

…の2冊です。

どちらも、イラストや図解が豊富で、とてもわかりやすく解説されています

まずは、このような「超初心者向き入門書」を読んで、四柱推命占い師として一歩を踏みだしてみてくださいね🥹

占い師になりたい方は、以下もオススメです!