占いの仕事には「5つの方向性」があります。

それは

  1. 占い師
  2. ライター
  3. タレント
  4. スクールの先生
  5. コンサルタント

…です。

占いのスキルがあると、こんなに仕事の選択幅があるんです。

さあ!あなたは「どの職業」を目指しますか?

占い関連の仕事…その5つの方向性

「占い関連の仕事」には、以下の5つがあります。

それぞれの特長を解説しますね。

1.占い師

こちらは、一番人気が高い「リアル占い師」です。

実際に、誰かを占って報酬をいただく仕事ですね。

占い師は、人に感謝されて収入になります。

ですので、やりがいのある仕事と言えます。

また、あるていど自由が利くので「副業」にも向くでしょう。

占い師の形態

占い師をやる場合、「個人開業」「占い会社に所属」という2つの形態があります。

また、街頭で占ったり、自宅で占ったり、電話で占ったり…

色々な展開方法があります。

個人開業

占い師を個人で開業する場合、以下のような方法があります。

占い会社

占い会社に所属した場合、以下のような展開となります。

2.占いライター

占いの「知識」と「文章力」に自信がある!

そんな方は、占いライターを目指すという方向性もあります。

よく、雑誌などに「今週の運勢」や「今日の星占い」などが載ってますよね?

このようなコラムを書く仕事が占いライターです。

わたし

雑誌のコラムのほとんどは「12星座占い」です。

ですので、占星術を勉強しておくと良いでしょう。

応募の条件

応募の条件は

  • ライター経験がある
  • 占いの知識や心理学の知識がある
  • 1カ月に一定数(1~4本)の執筆が可能

…などのことが多いです。

報酬(原稿料)

占いライターの報酬(原稿料)は、1記事1000~4000文字で3,000円~1万円ほどが目安です。

最近は、雑誌ではなく「サイト」への執筆依頼が多いようです。

わたし

「原稿料がいくらか?」は、依頼者によって違ってきます。

募集はどこでしてる?

ライターの募集は「クラウドワークス」で、時々あります。

チェックしてみてください。

3.占いタレント

「占いタレント」とは、占いを武器にしてあなた自身を売り出すものです。

占いタレントと言っても、バカにしてはいけません。

  • ベストセラー作家
  • 講演会を開くほどの人気タレント

…になるのも可能です。

わたし

「年収1億」を超えるモンスター・タレントも実在します。

占いタレントの仕事

占いタレントの仕事は

  • 占い本の執筆
  • イベント出演
  • TV出演
  • 講演会開催

…などがあります。

占いが当たるだけでなく「個性的なキャラクター」なので、ファンが増えてゆきます。

真面目っ子

今ですと、木下レオンさんや星ひとみさんが有名ですよね?

4.占いスクールの先生

占いスクールの先生は、文字通り「占いを教える先生」です。

最近、占い師を目指す人が多いですよね?

そのため、スクール(学校)の需要が大きくなっています。

占いを教えることが好きなら、占いスクールの先生を目指すのもありです。

わたし

こちらの記事も、参考にどうぞ。

ただし、先生になるには「それなりの経験」が必要

ただし、人に教えるためには「それなりの経験」が必要となります。

ですので、まず、ストアカなど「学びのマーケット」で個人開業して、腕を磨いてゆくと良いでしょう。

5.コンサルタント

「占い師になりたい」と思っても、今は、占いの才能だけではやってゆけません。

  • 集客
  • セルフブランディング
  • コンテンツ作成

…など「売れる仕組み作り」が必要です。

そのため、占いコンサルが必要とされているのです。

「占いビジネス」を経験している必要あり

「どうすれば売り上げをアップできるのか?」

そのマーケティング・スキルをアドバイスするのがコンサルタントです。

この仕事をするには、自分自身も「占いビジネス」を経験している必要があります。

わたし

占い師を引退したら、コンサルタントになることも可能ですね。




まとめ

今回は「占い関連の仕事」5つの方向性についてお知らせしました。

  1. 占い師
  2. 占いライター
  3. 占いタレント
  4. 占いスクールの先生
  5. コンサルタント

…あなたはどの方向を目指しますか?

ご自分の「才能」に合わせて、今から考えておきましょう!

真面目っ子

「占い師」になる方法はこちら!