当ブログをご覧の皆さんの中には…

「占星術の占い師になりたい!」という方もいらっしゃるのでは?

そこで、このコーナーでは、占星術の占い師を目指している方のために、

  • 占星術の占い師になるには何が必要?
  • 何を実践すれば良い?

…などを考えてゆきたいと思います。

占星術の占い師になるには?(基礎編)

では、占星術の占い師になるには、どうすれば良いのでしょうか?




まず、「基礎知識」を身につけよう!

stockfoto_28185

占星術は「学問」です。

ですので、やはり【基礎知識】が必要です。

サインやハウスやアスペクトなど…

知識がなくては、占いはできません。

占星術の占い師になりたいのであれば、一にも二にも、占星術の基礎知識を身につける必要があります。

わたし

当然と言えば、当然ですね(;^ω^)

基礎知識は「本」から学ぼう!

占星術は「本」から学ぶのがベストです!

今はインターネットという便利なツールがあります。

…ですので、ネットでスキルを学ぶという手もあります。

しかし、本当にしっかり学びたいなら、初めはやはり「本」で勉強することをオススメします。

インターネットの情報は「カオス」

なぜなら、インターネットは「断片的情報」が多く、初心者が学ぶにはカオスすぎるからです。

そういう情報にばかり接していると、いつまでたっても「基礎」を確立できません。

本は「信頼できる情報」が多い

反面、本は「信頼できる情報」を、著者がわかりやすくまとめています。

初心者が「基礎」を身につけるのに、とても向いているのが本です。

ですので、初心者は、最初はインターネットではなく「本」から入るのが良いと思います。

わたし

しっかりした「占星術の入門書」をセレクトして、勉強してくださいね。

できれば、良い先生に師事しよう!

どんなことでも、「良い先生」に師事すると習得が早いです!

占星術を学ぶのにも、やはり「良い先生」に師事するのが一番です。

独学でも悪くはないのですが、占星術はとても「複雑な学問」です。

ですので、初心者が習得するには、かなり時間がかかります。

わたし

やはり、ツボをわかっている先生から、キチッと教えてもらった方が早く上達しますよ。

「セミナ-」や「スクール」を受講しよう

私も最初は、ある著名な先生のもとに弟子入りして「占星術の基礎」を学びました。

何事も良い先生から学ぶことが上達の近道です。

最初は、本を読むことから始めて…

ゆくゆくは、その先生が主催する「セミナー」などに参加するのが良いでしょう。

占星術の占い師になるには?(実践編)

それでは、次に「実践編」にうつります。

占星術の入門書を読んで、あるていど知識が備わってきた!

…すると、そろそろ誰かを占ってみたくなりますよね?

しかしちょっと待ってください。

誰かを占う前に、初めにやるべきことがあるのです。

sain




まず「自分自身」を徹底的に占ってみる!

占星術の本を読んで、基礎知識がそなわってきた…

とは言っても、本当の意味での「占う力量」はまだありません。

ですので、いきなり他人を占うのは危険です。

そこで、まずは「自分自身」を占うことから始めましょう。

占いの練習台は「自分自身」で!

占いの最高の練習台…それは「自分自身」です。

なぜなら、自分を占えば、占った結果を自分で検証できるからです。

他人を占っても「当たっているかどうか?」の検証が難しい

他人を占っても、「それは違います(>_<)」とはっきり言ってくれる人はなかなかいません。

つまり、他人を占っても、

  • 当たっているのか?
  • 外れているのか?

…の「突き合せ」ができないことが多いのです。

その結果、「占いがなかなか上達しない」と言うジレンマに陥ってしまうことになります。

「自分自身」を占えば検証ができる

しかし、自分自身を占うのなら、

  • 当たってる?
  • 当たってない?

…その突き合わせが容易にできます。

自分のことは、自分が一番良く知ってますからね(^^♪

このように、最初は、自分自身をサンプルにして占いの練習をしてゆきましょう。

わたし

まずは、自分自身のホロスコープの星座を出してみましょう!

次に「親密な相手」を占ってみる

自分自身を占い尽くしたら、次は「親密な相手」を占ってみます。

親密な相手とは、「性格や行動パターンが良くわかっている人」のことです。

親兄弟、恋人、親友などが良いでしょう。

ホロスコープと照らし合わせながら、

  • 「なぜこういう性格なのか?」
  • 「なぜこんな行動パターンを持っているのか?」

…などを考察して行きましょう。

親密な相手を5人も占えば、占いの実力はかなりレベルアップします。

占ったら「当たってるか?」を必ず確認する

親密な相手を占うと言えども、「断定」はしないことが大切です。

いくら親密と言えども他人です。

「知らない側面があった」…なんてことは、ザラにあります。

そこで、断定せず、本人に確認しながら占ってゆくことが大切です。

そして、当たってなかったら、

  • どこが違っていたか?
  • なぜ違ってしまったか?

…それを再考察してみてくださいね。

「占う⇒確認⇒再考察」を行う

占ったら、「占う⇒確認⇒再考察」という作業を、地道にやってゆきましょう。

この「突合せ作業」により、より深い解読ができるようになってきます。

わたし

そして、ゆくゆくは、「占星術の実力」がより確かなものになってゆきます。

まとめ

…いかがでしょう?

占星術の占い師になるには…

  • 基礎知識の習得
  • まず、自分を占う
  • 親しい人を占う
  • 「当たってるかどうか?」を確認する

…こういう地道な作業が必要です。

最初は、なかなか当たらないかもしれませんが、だんだん当たるようになってきますヨ^^

わたし

占星術初心者のためのブログ「魔女っ子の12星座占い」もよろしくです♪