最近は、副業として、電話占い師になりたい人も多いようですね。

しかし、電話占い師になるには、「占いのオーディション」に受かる必要があります。

そこで、今回は、

「占いのオーディション」の合格率を上げるためのコツ

…を解説したいと思います。

占いのオーディションで合格率をアップするには?

占いのオーディションで受かりやすくするためには、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、

  • オーディションではどんなことをするのか?
  • その際の注意点

…を解説しますね。

「電話占いのオーディション」では何をする?

占いのオーディションは、以下の3つがおこなわれます。

  1. オーディションの申し込み(書類選考)
  2. 電話面接
  3. 実技試験

では、一つ一つ説明しますね。




1.オーディションの申し込み(書類選考)

まずは、ネットで占い会社にアクセスし、オーディションの申し込みをします。

  • 氏名などの個人情報
  • 自己PR
  • 占い師としての実績
  • 得意な占い
  • 応募動機
  • 抱負・夢

…などを記入し、連絡を待ちます。

注意点

この段階で注意する点は、

  • 誤字脱字
  • 記入漏れ
  • 丁寧な言葉使い
  • ウソを書かない

…などです。

自分を実体以上に見せようとしてはいけません。

ウソや誇張は、見る人が見ればすぐばれます。

2.電話面接

書類審査に合格したら、次は、電話面接に進みます。

電話面接では、先に記入した内容について聞かれることになります。

電話面接で気をつけること

電話面接で気をつけることは「社会人としての常識」です。

  • 丁寧な言葉使い
  • 相手への気遣い
  • マナーある態度

このような常識的なところは、必ずチェックされます。

ガサツな対応にならないように気をつけましょう。

3.実技試験

電話面接をクリアーすると、いよいよ

実技試験

…を受けることになります。

実技試験こそが、オーディションの合否を握るメインの試験です。

これに合格すれば、その会社に「占い師」として登録できることになります。

実技試験で気をつけること

では、実技試験では、何に気をつければ良いのでしょうか?

以下の項で、くわしく説明しますね。

「占いのオーディション」の合格率を上げるためのコツと方法!

実技試験は、オーディションの「メイン」となる試験です。

これによって「合否が明確に分かれる」と言っても過言ではありません。

では、占いオーディションの合格率を上げるためには、どんなことが必要なのでしょうか?

1.占いのスキル

当然のことですが、人を占うには、しっかりした「占いのスキル」が必要です。

たとえば、占星術で言えば、

お客さんの恋愛を占うのに、「金星」や「月」を解読するスキルがなければ、まともに占えるものではありません。

オーディションに受かるためには、何はともあれ、占いのスキルを最大限高めておきましょう。

2.ヒアリング能力(相手の話を良く聴くこと)

占い師にとって、ヒアリング能力はとても大切です。

なぜなら、占いは、「お客さんが本当に望んでいること」がわからないと、仕事にならないからです。

  • 彼とよりを戻したいのか?
  • もう別れたいのか?
  • 誰か他の人が気になるのか?

…お客さんの「本当の気持ち」を汲み取れないと、お客さんを満足させることはムツカシイです。

オーディションでは、しっかりと相手の話を聴いて、相手の「本当の気持ち」を引き出すようにしましょう。

話を聞いてもらいたい…そういうお客さんも多い

また、「とにかく話を聞いてもらいたい」と言うお客さんも多いです。

そういう場合は、占いの結果云々よりも、「話を聞いてもらうこと」でお客さんは満足します。

オーディションでは、「占い師が聞き上手かどうか?」はしっかりとチェックされます。

注意しましょう。

3.わかりやすく話す力

たとえ、お客さんの話をちゃんと聴いてあげられたとしても、

占い師の話がわかりにくかったら、お客さんを納得させることはできません。

話し方が、「あいまい」「複雑」「抽象的」になりがちな方は注意しましょう。

オーディションでは、「筋の通った論旨」「わかりやすい表現」「具体例の提示」…などを心がけ、

わかりやすく明快に話すようにしましょう。

4.悩みに寄り添ってあげること

人間には「感情」があります。

ですので、たとえ占いが正確だったとしても、それだけでは、お客さんは満足しません。

やはり、「感情」を満たしてあげる必要があるのです。

そのためには、相手の悩みを、自分の悩みとして寄り添い、暖かい言葉をかけてあげることが必要です。

オーディションでは、そういう「感情」の部分にも配慮した対応を心がけましょう。

5.冷静な状況判断

占い師は、お客さんに寄り添うことも必要です。

ですが、常に、冷静に状況を判断しなければなりません。

たとえば、お客さんが30分間で占ってほしいと思ってるのに、時間配分を忘れてしまったら、マイナスポイントですよね?

ですので、常に、状況を冷静に観察し、占い全体がスムーズに進行するように気を配りましょう。

オーディションでは、こういうことを見られる場合もあります。

6.お客さんを元気にする

占い師は、「ただ未来を当てれば良い」というわけではありません。

お客さんは、悩み、落ち込み、不安にさいなまれていることがほとんどです。

ですので、最終的に、お客さんを勇気づけ、元気にしてあげることが、占い師には求められます。

不安を取り除き「希望ある未来」を提示してあげる

もちろん、占い結果を曲げて伝えるということではありません。

悩みの原因、不安の原因をちゃんと指摘してあげた上で、「希望ある未来」を提示してあげましょう。

占いのオーディションでは、相手が、元気に前向きに進めるように意識しましょう。

わたし

占い師になるためには、どんな素質が必要かも知っておきましょう!




占いオーディションで、やってはいけないこと

では、次に

占いのオーディションで、やってはいけないこと

…を解説します。

これをすると、マイナスポイントになりますので、注意してくださいね。

1.しゃべり過ぎ

オーディションは緊張するものです。

すると、あせってしまい、しゃべり過ぎてしまうケースが多々あります。

占いは、バランスの良い受け答えが基本です。

しゃべりすぎは、お客様に高圧的な印象を与え、話を聞かない占い師だと見なされることもあります。

注意しましょう。

2.実力以上の受け答え

占いのオーディションでは、良いところを見せようと、「実力以上の受け答え」をする人がいます。

  • たいして詳しくないことを、もっともらしく話す。
  • 見えてもいないのに、守護霊やオーラが見えるなどと言う。
  • 強引に、もっともらしい占い結果を出す。

…などなど。

これらは、百戦錬磨の面接官には、ミエミエです。

大きなマイナスポイントになりますので、注意しましょう。

わたし

オーディションでは、どちらかと言うと、

わからないことは「わからない」と言った方が好感度が高くなると思います。

3.説教くさいことを言う

占いのやりとりの中で、説教くさいことを言う人がいます。

ですが、説教を聞きたいお客さんなど、ほとんどいません。

お説教は、相手の気持ちを考えない「自己満足な行為」とみなされかねません。

もちろん、オーディションでもマイナスポイントになります。

上から目線の話、説教くさい話はしないように気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こんなふうにオーディションのぞめば、合格率もアップ↑しますよ(*^^*)

ぜひ、これらの点に注意して、占い会社のオーディションにトライしてみてくださいね。

わたし

占いのオーディションを受けたい方は、こちらの記事もオススメします。