占い師になるにはどうすれば良い?

…もちろん、まず、「占い」を学ぶ必要があります。

このコーナーでは、占い師を目指すあなたが

「どのような占いを学ぶと良いのか?」

…そのセレクト方法を考えて行きましょう。

uranaishi2

自分の「占い」を決める

占い師になるには、「自分に合った」占いをセレクトする必要があります。

そのためには、まず、自分が持っている才能を考えましょう。

  • 頭脳的なのか?
  • 直観的でカンが鋭いのか?
  • 観察眼が鋭いのか?

…このように自分の才能に合わせて、武器となる占いを決めてきましょう。




占いの種類

では、占いには、どのような種類があるのでしょうか?

占いの4つのジャンル

占いには大きく分けて、以下の4つのジャンルがあります。

  • 命術(めいじゅつ)
  • 卜術(ぼくじゅつ)
  • 相術(そうじゅつ)
  • 開運術(かいうんじゅつ)

それぞれのジャンルは、占いの手法が違います。

1.命術

「生年月日」から元々持っている運命を占う。

(西洋占星術など)

2.卜術(ぼくじゅつ)

カードの出目などの「偶然の事象」から吉凶を占う。

(タロット占いなど)

3.相術

その人の「形」や「シンボル」で占う。

(手相占いなど)

4.開運術

開運方法を特定のやり方を使って導き出す。

(風水など)

各ジャンルの色々な占い

上記の各ジャンルには、色々な占いがあります。

表にまとめましたので、確認しておいてくださいね。

  占いの種類
命術 西洋占星術、数秘術、四柱推命、紫微斗数、インド占星術
卜術 タロット、ルーン占い、易占い
相術 手相、姓名判断、オーラ鑑定
開運術 風水、九星気学、奇門遁甲、水晶占い




どんな占いを選べば良いか?

では、実際に占いを決めてゆきましょう。

ジャンルを決める

まずは、自分に合った「ジャンル」を決めましょう。

…必ずとは言えませんが、下記のような視点から決めていくと良いでしょう。

頭脳的な人

論理的・数学的に物事を考えるタイプの人は、西洋占星術などの「命術」がオススメです。

占星術は、12星座や12ハウスなどがあり、また、星座の中にも30の度数があります。

ですので、ある程度、「論理的・数学的」なことを理解する必要があります。

このようなことから、頭脳的な人には、占星術などの「命術」が向いていると思います。

(もちろん、一概には言えませんが…)

直観が優れている人

直観が優れている人は、タロット占いなどの「卜術」がオススメです。

直観があれば、出たカードから答えを導き出すことが可能です。

また、直観が優れている人は、どんなことからもインスピレーションを受けることができます。

ですので、タロットに限らず、色々な「卜術」で才能を発揮できると思います。

観察眼が鋭い人

観察眼が鋭い人は「相術」がオススメです。

どんな小さな兆候も見逃さないので、「手相占い」「顔相占い」などで、才能を発揮できるでしょう。

東洋系?西洋系?

次に、「東洋系占い」か?「西洋系占い」か?を決めて行きましょう。

たとえば、「命術」の中から選ぶとします。

その際、西洋系の占いであれば「西洋占星術」となります。

また、東洋系の占いであれば「四柱推命」などになります。

わたし

以下のリンクから詳細を確認できます。

複数の占いを学ぼう!

占いを学ぶには、最初は、1つの占いを集中的に掘り下げてゆくべきです。

しかし、最終的には、「複数の占い」を学ぶことをおすすめします。

なぜなら、複数の占いを習得すると、以下のような利点があるからです。

複数の占いを学ぶ利点

より広い視点を持てる

占いは一つ一つが独立しているわけではありません。

根底ではつながっています。

例えば、「占星術」は「数秘術」とつながっています。

つまり、この2つを学べば、より広い視点から占いを使う事ができるのです。

占いの「精度」が上がる

複数の占いを習得すれば、多面的に鑑定することができます。

たとえば、「占星術」と「数秘術」に通じていれば、二つの視点から占えます。

そのため、占いの精度を格段にアップできるのです。

まとめ

占いには色々な手法があります。

まず、「自分に合った占い」をセレクトして、それを極めましょう。

そして、一つの占いを極めたら、今度は「他の占い」も学んでゆきましょう(≧◇≦)

当記事が、「占い師」を目指す皆様の参考になりましたら幸いです。

わたし

「占い師」になる方法はこちら!