どんな仕事を始めるにしても「デメリット」や「リスク」を知っておくことは必要です。

そうすれば、安心して開業できます。

また、何かトラブルがあっても冷静に対処できますよ。

このコーナーでは「占い師」という仕事に

  • どんなデメリットがあるのか?
  • どんなリスクがあるのか?

…を解説します。

占い師という仕事の「6つのデメリット(リスク)」

では、占いの仕事における「デメリット」をお知らせします。

 

わたし

占い師は「特殊な職業」なので、

ちょっと変わったリスクもありますよ。

 




1、多大なエネルギーを消耗する

占いは、「目に見えない世界」と「現実」を行き来する仕事です。

ですので、占い師は、普通では考えられないほど多大なエネルギーを使います。

わたし

案外、疲れるお仕事なんです。

2、お客さんの「波動」を受け取ってしまう

お客さんの中には「恨み」や「妬み」など、ドロドロとした想念を抱えている方も少なくありません。

占い師は、そういう相談に乗ることによって、重い波動を受け取り、体調が悪くなったりすることがしょっちゅうです。

わたし

ですので、あまりに敏感過ぎる人は、占い師には向かないかもしれません。

3、世間からウサン臭く思われる

「占い師」と言うと、どうしてもウサン臭いイメージがつきまといます。

普通のサラリーマンと違って、社会的信用度はかなり低いと思っていいでしょう。

ですので、家を借りるのもひと苦労ですし、ローンもなかなか組めなかったりすることもあるでしょう。

4、収入が安定しない

占い師の世界は、シビアな「実力社会」です。

そのため、実力がなかったり、人気がなかったりすれば、仕事はありません。

また、収入が多かったり、少なかったりと「波」があります。

サラリーマンのようには安定していない、と言うのは覚悟しておいた方が良いでしょう。

5、無理な相談をされて困ることがある

お客さんは基本的に「わがまま」なものです。

「占いに不可能はない!」と思いこんでいる方も、まれにいらっしゃいます。

「明日のロト6の当選番号を教えてくれ」とか「恋敵を呪い●して欲しい」とか…

無理な相談をされ、対応に困ることもしょっちゅうです。

6、お客さんがストーカー化する恐れ

心の弱ったお客さんは「依存心」が強いものです。

それが高じると、ストーカー化することもあります。

毎日電話してきたり、同じことを相談してきたりする人もいます。

わたし

それを突き放すと、逆恨みされたりすることもありますよ。

まとめ

いかがでしょうか?

やはり、どのような仕事にも「デメリット」はありますね。

今回は、あえてネガティブなことを書きました。

しかし、占いの仕事には、そのような「リスク」を上回るメリットもありますよ。

ですので、皆さまには、ぜひ占い師を目指してほしいと思います。

わたし

占い師になるメリットはこちら!