事業を始めると、税金のことが気にかかりますよね?

しかし、占いなどの「スピリチュアルな仕事」をやっていると、そういうことに疎くなってしまいます。

そういうわけで、本日は、

  • 占いの開業で「年収」がいくらだと確定申告が必要?
  • どんなものが経費になる?

…を解説しますね。

こちらの記事は、実際に「専門家」に聞いて書いています。

なるべく、正確を期しているつもりです。

ですが、ご実行する際は、改めてご自身で税法を調べ、自己責任でお願いします。

わたし

占いだけでなく、ヒーリング、セラピスト、カウンセラーなどをされる方も、基本は同じです。




占いの開業で税金はどうなる?

占いを開業すると、自分で「税金」について考えなければなりませんよね?

わたし

これはフリーランスの宿命です。

「自営業」は、自分で税金を納めなくてはならない

占い師に限らず「自営業」は、自分で税金を納めなくてはなりません。

占い会社に属している方も、「歩合」や「業務委託」という形であれば、自分で税金を納める必要があります。

占い師は「確定申告」が必要!?

皆さんは「確定申告」と言う言葉を耳にしたことがありますよね?

そうです。

占い師などの自営業者は、税務署に「いくら儲かったか?」を自己申告して、税金を納めなければならないのです。

占い師は、いくら稼ぐと確定申告が必要?

では、占い師は「いくら稼ぐ」と確定申告しなければならないのでしょうか?

副業占い師(ふだんは会社勤めをしている人)

副業占い師は、所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。

ちなみに「所得」と「収入」は違います。

「収入-経費=所得」です。

つまり…収入-経費=20万円以上の人は確定申告が必要となります。

専業占い師(他に会社勤めをしていない人)

専業占い師は、所得が48万円以上になると確定申告が必要になります。

先にも説明しましたが、「所得」と「収入」は違います。

収入-経費=48万円以上の人は確定申告が必要です。

 占いで100万円稼いだらどうなる?

たとえば、個人事業主(専業占い師)が、去年100万円稼いだとします。

経費が50万円かかった人は?

「100万円-50万円=所得50万円」

この人は、所得が48万円以上です。

なので、確定申告が必要です。

経費が70万円かかった人は?

「100万円-70万円=所得30万円」

この人は、所得が48万円以下です。

なので、確定申告は必要ありません。

わたし

とにかく「収入-経費=48万円以上」になるかどうかが問題なのですね…。




「必要経費」は、どんなものならOK?

おじさま

所得が「収入-経費」なのはわかった。

ならば、色々なものを経費にしてしまえばいいのでは?

…と思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、それはダメです。

当然、経費として税務署から認められることが必要です。

わたし

なんでもかんでも「経費」として計上することはできません。

「必要経費」として認められるもの

ここでは、個人事業主である占い師が「経費」として認められそうな一般例を挙げておきます。

「副業」の方は、これらが認められるとは限りません。

1.広告宣伝費

占いを開業するに当たって、ネットに広告を出したとか、チラシを作ったとか…

そういう広告宣伝費です。

2.通信費

ネット占いをやっているのであれば、「サーバー代」や毎月の「ネット代」などがかかります。

そのような通信費です。

3.水道光熱費

自宅でネット占いをやっていれば、それだけ「電気代」や「暖房代」などもかかります。

ただし、事務所を借りているのではなく、自宅で仕事をしている場合は、それらのすべてを経費にすることはできません。

なぜなら、普段の生活でも水道光熱費を使うからです。

その場合「全体の30%」だけ経費にするなど、状況に応じて減らす必要があります。

わたし

これを按分(あんぶん)と言います。

4.家賃

自宅で仕事をしている場合は、家賃の100パーセントを経費にすることはできません。

なぜなら、普段の生活でも自宅を使っているからです。

ですので、30%だけを経費にするなど、状況に応じて減らす必要があります。

5.セミナー代

占いのスキルアップのために「セミナー」を受けた方などは、それを経費にすることができます。

もちろん、事業のノウハウを勉強するための「教材代」などもOKです。

6.参考書・資料代

占いのスキルアップのための「参考書」や「資料代」は、経費にすることができます。

7.文房具・パソコン

  • 占いで使うノートなどの「文房具」
  • パソコンや周辺機器

…なども経費となります。

ただし、パソコンなど10万円以上の商品は注意が必要です。

10万円以上ですと「減価償却」と言う、特殊な申告方法をする必要があります。

8.交通費

お客さんと会ったり、何かをリサーチしに行ったりした時の「交通費」も経費になります。

9.交際費・会議費

事業に関わることを打ち合わせをした場合などの「飲食費」です。

喫茶店などで、誰かと一緒に企画案を考えた…

なども、経費として計上できる可能性が高いと思います。

10.服飾代

占い師として、お客さんと対面する際には、やはりパリッとした服装が大切ですよね。

服飾代なども「経費」として計上できるのではないでしょうか?




占い師(自営)が確定申告しなくて済むのは、年収いくら位まで?

今回は、

  • 占いの開業で「年収」がいくらだと確定申告が必要?
  • どんなものが経費になる?

…を解説しました。

こうしてみると、色々なものが「経費」として使えそうですね?

しかし、普通に占い師をやっている分には「経費なんて、50万円以内に収まるのではないか?」と、個人的には思います。

(もちろん、高額セミナーなどを受講していたら話は別ですが。)

 ですので、自営業の「占い師」が確定申告をしないで済むのは、年収100万円くらいまでかな?…と考えています。

ただし、個人事業主には

  • 配偶者控除
  • 社会保険料控除
  • 医療費控除
  • 生命保険料控除

…などもあります。

ですので、ケース・バイ・ケースですね。

もっと年収があっても、確定申告が必要でない場合もあります。

この点は、他の記事で解説してゆきますね。

オンライン会計ソフト(無料で使えます)

やよいの白色申告オンライン