「占い師になったのは良いけど、税金はどうなるの?」

…と不安になる方も多いと思います。

もちろん納税はしなければなりません。

…ですが、なるべくなら税金は少なくしたいもの( ;∀;)

そこで、本日は、占い師の節税について解説します。

(カウンセラーやヒーラーなどをやっている方も活用できます。)

ご注意

当情報は、元税務関係の方のアドバイスを元に作成しています。

ただし、当情報が必ず正しいとは断言できません。

実行の際は自己責任でお願いします。

占い師が【節税】するために知っておくべき方法

さて、占い師が節税するためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず注意するべき点は以下です。

  1. 扶養されている人は、収入を130万円以内に収める
  2. 業務日誌をつける
  3. 物品購入の領収書をとっておく
  4. 家賃や電気代を経費で落とす(自宅勤務の場合)
  5. 占いに必要なものは全て経費で落とす

…それでは、一つ一つ説明してゆきますね。




扶養されている人は、収入を「130万円以内」に収めるべき!

占い師の開業で【扶養】や【社会保険】はどうなる?」で詳しく書きましたが、

簡単に言うと、収入が130万円を超えてしまうと、健康保険では、「扶養の適用外」になってしまいます。

ですので、扶養から外れたくない方は、収入を130万円以内に収める必要が出て来ます。

日頃から「自分の収入」を把握しておきましょうね^^

業務日誌をつけよう!

収入が増えてくると、いずれ「確定申告」をしなければならなくなります。

その場合、当然、節税のために経費を申告しますよね?

その際、「業務日誌」があると良いです。

例えば、占いのリサーチで原宿に出張したとしても、税務官から見て、それが本当かどうかはわかりません。

そんな時、業務日誌にその「出張の詳細」が書かれていれば、その正当性がわかるわけです。

ですので、節税のためには、きちんと「業務日誌」をつけておくことをオススメします。

物品購入の「領収書」をとっておこう!

たとえば、「占いの本」を買った場合、当然、経費で落としたいですよね?

それだけでなく、「タロットカード」「占い師衣装」なども、経費としたいです。

ただし、それには「領収書」が必要です。

必要経費としたい支出は、必ず領収書を取っておきましょう。

「家賃」や「電気代」は経費で落とせる(自宅勤務の場合)

占い師の中には、自宅でネット占いをしている人も多いと思います。

そんな場合、「家賃」や「電気代」なども経費で落とせます。

もちろん、自宅利用もしているので、100%の経費にはなりません。

ですが、例えば、「自宅利用」と「仕事利用」の半々で使っているのなら、50%の経費にする事は可能です。

※これを「按分」と言います。

その場合、家賃が6万円なら3万円を経費として落とすことが可能なのです。

占いに必要なものは全て経費で落とそう!

税金は所得に対してかかってきます。

所得とは、「収入-経費」です。

つまり、経費が多ければ多いほど節税になるわけです。

ですので、仕事に関連した支出は、ちゃんと経費にしましょう。

本、服、開運グッズ、喫茶店代…

占いの仕事で使ったものはないか?支出をチェックしてみてくださいね。

わたし

とは言え、ムリに経費を増やすことを勧めているわけではありませんよ(;^ω^)

まとめ

…いかがでしょうか?

占いで儲かったとしても、大半を「税金」で持って行かれてしまったら悲しいですよね?

メンドウですが、ちゃんと節税しましょう(≧◇≦)

「確定申告」や「経費」については、以下の記事を参考にしてみてください。

当記事が、皆さんのお役に立てば嬉しいです。