本日は、

「占い師への転職」や「占いの起業」の将来性

…について考えてみます。

昔は、銀行員が人気の職業でしたね?

ですが、今はAIに仕事を奪われ、リストラの嵐です。

これから職業を決めるなら、未来をしっかり予測しておくべきです。

では、占い師の「将来性」はどうでしょうか?

これから大変になりそうな職業

占い師の将来性を語る前に、まず、「これから大変になりそうな職業」を考えてみます。




1.AIで代用可能な仕事

今後、ロボット技術がさらに発展することは間違いありません。

その結果、「AIに仕事が奪われる職業」がどんどん増えてゆきます。

そういうわけで、AIで代用可能な職業には注意が必要です。

  • 銀行、証券会社
  • テレフォンオペレーター
  • 受付嬢、案内係
  • レジ係

…などは、これから大変そうです。

2.あまりにデジタルな仕事

これからは、テクノロジーの発展によって「通信速度」がケタ違いに速まります。

その結果、人が浴びる「電磁波」もかなり強力になります。

職業によっては、健康が心配なものもあります。

  • PCオペレーター
  • プログラマー
  • そのほか、通信業

・・・などには、注意が必要かもしれません。

3.通販にシェアを奪われそうな仕事

最近は、買い物を「通販」で済ます人が多いですよね?

特に、若い人はその傾向が強いでしょう。

ですので、通販で買いやすい商品を「実店舗」で展開するのは厳しいと思います。

以下のような商売は注意が必要です。

  • 文房具屋さん
  • 本屋・古本屋さん
  • CD屋さん
わたし

デパートなども苦戦しそうですね。

今後も大丈夫そうな職業

では、今後も「安定して食べてゆけそうな」職業を考えてみます。

1.営業職

営業は、人と人との交渉事です。

ですので、AIに仕事を奪われることはなさそうです。

また、外回りの営業であれば、パソコンにしがみついている必要はありません。

その点では健康的です。

2.職人・高度な技術者

スゴ腕の料理人など「センス」が必要とされる仕事は、ロボットでは代用できません。

ですので、職人や高度な技術者は、AIに仕事を奪われることはなさそうです。

3.オリジナリティーのある起業家

オリジナリティーのある仕事は、コンピューターで代用できるものではありません。

オリジナリティーのある起業家は、自分のアイデア次第で、AI社会を生き抜くことが可能でしょう。

わたし

たとえば「おっさんレンタル」なんかですね^^

また、自分のペースで仕事できますので、その点では楽です。

4.地方に密着した職業

「地方に密着した仕事」は、通販に対抗できます。

地元の人が利用してくれるからです。

また田舎であれば、AI化はそれほど早く進みません。

ですので、地方に密着した仕事は、しばらくは安泰だと言えそうです。

占い師への転職・占いの起業に「将来性」はあるか?

では、「占い師への転職」や「占いの起業」はどうでしょうか?

将来性はあるのでしょうか?

占いは、AIに仕事を奪われることはない

AIには占いはできません。

もちろん、コンピューター占いのように、単にデーターを出すだけならできます。

しかし、占いはその人の悩みに寄り添ってあげながら、最善の解答を導きだすものです。

とてもAIにできるものではありません。

ですので、今後も、占いの仕事がAIに奪われることはないでしょう。

占い師は「電気的な疲れ」にさらされることは少ない

また、占いはパソコンにかじりついている必要はありません。

わたし

チャット占いは例外ですが…

電磁波がキツイ場所に、長時間拘束されることもないです。

そういう意味では、占い師は「電気的な疲れ」がほとんどない職業といえます。

占いは、通販にシェアを奪われない

占いは、その占い師が提供する「オリジナル・サービス」です。

ですので、画一的な通販にシェアを奪われることはありません。

また、「対面占い」は、その地域に住む人々が顧客になってくれます。

ですので、通販やネットがいくら流行ったとしても、依頼が減ることはありません。

わたし

そういうわけで、占い師はこれからも有望な職業だと思います。

まとめ

以上、「占い師への転職」や「占いの起業」…その将来性はどうか?を考えてみました。

占いは

  • AIに仕事を奪われることはない
  • 「電気的な疲れ」にさらされることは少ない
  • 通販にシェアを奪われない

…です。

ですので、とても将来性がある仕事と言えます。

わたし

どんなに社会がAI化しようとも、腕さえあれば、大丈夫です。

それが「占い師」という仕事です。