今、多くの人が「販売サイト」を使って、色々な物やサービスを売ってますよね?

中でも、BASEは人気のサービスです。

でも、「何を売ればいいかわからない」…という人も多いはず。

そこで、今回はネットショップBASEで、何が販売可能か?を解説します。

  1. 販売できるもの
  2. サービス(無形物)を売る際の注意点
  3. 特殊な売り方(デザイン販売など)

…について、解説してゆきますね。

BASEでは、何が販売可能?

BASEでは、有形・無形を問わず「色々なもの」を販売可能です。

ただし、商品によっては、売る際に条件があります。

1.有形商品

有形商品とは、バッグやアクセサリーなど実際に物としてある商品です。

BASEでは、

  • アクセサリー(パワーストーンなど)
  • 服やバッグ
  • 雑貨
  • ハンドメイド品
  • オリジナルグッズ
  • 食品

…など、あらゆるものが販売できます。

注意点

BASEでは、ほとんどの「有形商品」が販売可能です。

ですが、販売に免許が必要なものもあります。

お酒
酒類を販売する場合は「通信販売酒類小売業免許」が必要です。

中古品
中古品を専門に扱うのであれば、「古物営業許可」を取る必要があります。
ただし、不要になった私物を売るのであれば免許は不要です。

食品
自分で調理した食品を売る場合は、「食品衛生法上」の営業許可を取る必要があります。
ただし、すでにパッケージ済みの加工品や農家直送のものであれば、大丈夫なことが多いです。

2.サービス(無形商品)

無形商品とは、占いやセミナーなど「物として存在しない」商品です。

BASEでは、

  • 占い
  • セミナー
  • イベント(参加権利など)
  • チケット(発券番号やURL案内のみ)
  • カウンセリング
  • コンサルティング
  • 代行サービス(お墓参り・神社お参りなど)

…などのサービスを販売できます。

注意点

ただし、BASEで、このようなサービスを販売するには条件があります。

それは、後日「有形物」を送る必要があるということです。

たとえば、占いを販売したら、後日「鑑定書」などを送る必要があります。

サービスを売るなら「STORES」が便利

占いなどのサービスを販売するには、ネットショップSTORESが便利です。

鑑定書などを送る必要がないので、気軽に「無形商品」の販売ができます。

ただし、カウンセリングやコンサルなどは禁止されています。
真面目っ子

くわしくは、以下の記事も参考にしてくださいね。

3.デジタル商品

デジタル商品とは「情報商材」などのダウンロード商品です。

BASEでは、

  • 音楽データ
  • 写真データ
  • 情報商材
  • デジタル書籍
  • その他のデジタルコンテンツ

…などを販売できます。

注意点

ただし、金融系情報商材の販売は禁止されています。

株などの情報商材を売りたい方は、BASEは避けた方が良いでしょう。

わたし

STORESでも、これは禁止されていますね。

4.デザイン販売(オリジナルグッズ)

BASEは、オリジナルグッズを販売することも可能です。

しかも、デザインを入稿するだけで、あとは製作会社がやってくれます。

なので、グッズを製作する手間がかかりません。

すべて、BASEのオプション機能がやってくれますのでラクチンです。

このオプション機能により、

  • スマホケース
  • Tシャツ
  • ポーチ
  • トートバッグ
  • ステッカー
  • 缶バッジ

…などを販売できます。

真面目っ子

パワーストーンなどのアクセサリーも、デザイン入稿のみで販売可能ですよ。




まとめ

今回は、ネットショップ「BASE」で販売できるものを解説しました。

BASEは、工夫次第で色々なものを販売できます。

サービス(無形商品)も、後日、何かを送付すれば売ることができますよ。

副業として、何かを売って稼ぎたい!

…そんな方は、ぜひ利用してみてくださいね。

OK魔女っ子

物品ではなく「サービス」を販売したい方は、

STORESが使いやすいですよ。