「ネットで起業したい!でも、住所やTELを知られたくない!」

…そんなケースがありますよね?

そういう場合、どうすれば良いでしょうか?

そこで役に立つのが、「バーチャルオフィス」や「レンタルオフィス」です。

今回は、バーチャルオフィスについて解説します。

ネットの起業では、「住所やTELの記載」が必要

ネットで

  • 占い
  • セミナー
  • 情報商材

…などを販売する場合、「販売サイト」を作りますよね?

ですが、その際、サイト内に会社の「住所や電話番号」を記載する必要があります。

たとえば、占いの販売のために

  • 自分でHPを作る
  • メルマガを配信する

…などの場合、「会社の住所」や「TEL」を記載しなければなりません。

わたし

個人で起業している人は、書いてない人も多いようです。

ですが「特定商取引法」上、ほんとうは記載しなければなりません。

しかし、「自宅住所」を記載したくない…

しかし、個人起業主は「自宅」で開業することも多いです。

そうなると、サイトに「自宅住所」を記載することになります。

起業主が、男性なら気にならないかもしれませんが、女性だとちょっと抵抗がありますよね?

そんな場合、役に立つのがバーチャルオフィス(レンタルオフィス)です。

 




「バーチャルオフィス」とは?

バーチャルオフィスとは、どういうものでしょうか?

個人事業主へ「住所や電話番号」をリースしてくれるシステム

…です。

貸し出すのは「住所と電話番号」だけなので、通常のオフィスレンタルと違い「格安」で借りられます。

もちろん、郵便物が届けば自宅に転送してくれますし、TELもスマホに転送してくれます。

ですので、プライバシーが守られ、安心して起業ができるのです。

バーチャルオフィスの仕組み

では、「バーチャルオフィスの仕組み」を解説します。

「住所やTEL番号」だけを、貸してくれる

バーチャルオフィス会社は、ある物件を借り入れ、それを「細かいオフィス」にして、お客さんに貸し出します。

たとえば、

  1. あるビルの3Fを借り入れ
  2. そこに10室に区切ったオフイスを作り
  3. それを「リーズナブルな価格」で個別にレンタルに出す

…というような形です。

わたし

もちろん、実際にオフィスを貸し出すこともします。

それだけでなく、「住所だけを貸し出す」ということもするわけです。

「個人事業主」や「ノマドワーカー」にニーズが多い

今、「個人事業主」や「ノマドワーカー」が増えています。

このような人たちは、莫大な経費をかけてオフィスを借りることはできません。

ですので、このようなバーチャルオフィスのニーズが多いのです。

バーチャルオフィスの「メリット」と「デメリット」

ところで、バーチャルオフィスの「メリット」と「デメリット」は、どんなことでしょうか?

メリット

バーチャルオフィスの「メリット」は以下です。

  1. 格安で住所・TEL番号が持てる
  2. プライバシーが保たれる
  3. 一等地に住所を持てるので信用度がアップする
  4. 実際にオフィスを使って仕事ができる(プランによる)
わたし

占いの販売をしたい人にとってのメリット

…それは、やはり「プライバシーを保てる」ということでしょう。 

デメリット

バーチャルオフィスをレンタルする「デメリット」は以下です。

  1. 他社と住所がかぶってしまう
  2. 法人口座の開設がムツカシイ
  3. 銀行から融資を受けにくい

バーチャルオフィスの一番のデメリットは、「他社と住所がかぶってしまう」という点でしょう。

「住所検索」をされた時に、色々な会社が出てきてしまいます。

場合によっては、過去、問題があった企業が表示されてしまうこともあるかもしれません。

わたし

「法人口座の開設」や「銀行からの融資」に関しては、

小規模個人事業主やノマドワーカーには、あまり関係のない話です。

「占いの起業」する際の、バーチャルオフィス利用のメリット

占いをネット販売するにあたって、バーチャルオフィスは「どんなメリット」があるのでしょうか?

それは、

プライバシーが守られ、予期せぬリスクを軽減することができる

・・・です。

やはり、小規模とは言え事業をするなら、自宅と職場は分離させた方が安全です。

今のネット社会は、色々なリスクがあります。

  • SNSでの炎上
  • プライバシーの流出
  • クレーマーの攻撃

・・・などなど。

ですので、バーチャルオフィスの利用を考えた方が良い場合もあるのです。

バーチャルオフィスの料金

バーチャルオフィスの料金は、運営会社によって違います。

また、オフィスの場所によっても違います。

料金は、月額1,000円位~20,000円位までと、大きな幅があります。

参考に、

  1. 業界最大手「リージャス」
  2. 海外拠点に強い「サーブコープ」
  3. リーズナブルな価格の「Karigo」

…の【住所レンタル・プラン】の料金を紹介しておきます。

1.リージャス

池袋 7,900円
札幌 9,900円
神戸 7,900円

2.サーブコープ

浜松町 17,000円
大阪心斎橋 17,000円
福岡 12,000円

3.Karigo

品川 3,300円
仙台 3,300円
福岡 3,300円
わたし

「サーブコープ」と「Karigo」では、ずいぶん価格の差がありますね。

ですが、これは、サービスの質やグレードの差でもあります。

真面目っ子

サービスの質を求めるのであれば、「多少の出費」は必要です。

でも、とにかく住所のレンタルができれば良いだけなら、「格安のサービス」でもOKです。

バーチャルオフィスは、信用できる?

では、バーチャルオフィスは、信用できるのでしょうか?

実際に、その住所に「オフィス」があるものなのでしょうか?

バーチャルオフィスの見学

というわけで、業界最大手「リ-ジャス」のバーチャルオフィスを見に行ってみます。

オフィスは、駅から歩いて5分ほどの、アクセスの良い場所にありました。

中は結構ゴージャスです。
ちゃんと、管理人さんが常駐しています。

平日ですが、多くの人たちが、ノートPCに向かって仕事をしていました。

もちろん、すべてのバーチャルオフィスが、このようにゴージャスとは限りません。

ですが、「リージャス」のように全国展開をしている会社であれば、信用できそうです。

オススメのバーチャルオフィス

では、オススメのバーチャルオフィスをご紹介します。

もちろん、各社、「メリット」も「デメリット」もあります。

ですので、レンタルする場合は、HPを比較して良く検討してみてくださいね。

有名どころのバーチャルオフィス

まず、有名どころのバーチャルオフィスです。

1.リ-ジャス

創業20年の老舗レンタルオフィス会社です。

イギリスの会社が、日本で事業を展開しています。

「グレード」も「信用度」も高いのが特長です。

2.サーブコープ・ジャパン

1994年に日本で設立されました。

もともとは、オーストラリアのシドニーで創業された会社です。

東京・横浜・大阪・名古屋・福岡の5都市に拠点を構えています。

わたし

「リ-ジャス」も「サーブコープ」も、決して料金が安いわけではありません。

しかし、その分サービスの満足度も高いです。

料金が格安のバーチャルオフィス

ネットで起業するのに「プライバシーを守れる住所」が必要。

でも、なるべく経費をかけたくない

・・・そんな方には、以下のバーチャルオフィスがオススメです。

1.Karigo(カリゴ)

なるべく安く住所をレンタルしたいなら、Karigoがオススメです。

3,300円からレンタルできるので、助かります。

Karigoは全国展開(46ヵ所)しており、北は札幌、南は沖縄までオフィスがあります。

ですので、地方在住者にも使いやすいと思います。

2.NAWABARI(ナワバリ)

BASEのアプリにもなっている、「ネットショップ販売住所」のシェア・サービスです。

月額1480円から、利用可能です。

ただし、拠点は、今のところ「渋谷」と「目黒」のみです。

ですので、都内在住者以外は、使いにくいかもしれません。

わたし

ちなみに、格安バーチャルオフィスは、多くの人が「同じ住所」を使っている可能性があります。

その点だけは、了解しておきましょう。

まとめ

今回は、「ネットで起業したいけど、プライバシーを守りたい」

…そんな人向けに、バーチャルオフィスの解説をしました。

バーチャルオフィスは、

  1. 住所のレンタルが可能
  2. プライバシーが守られ、予期せぬリスクを軽減することができる
  3. 会社や場所によって、料金がかなり違う
  4. 格安のオフィスもあるが、多くの人が「同じ住所」を使っていることを前提で利用すること

…などを知っておきましょう。

また、全国展開しているバーチャルオフィスには、

…などがあります。

予算に応じて、検討してみてはいかがでしょうか?

わたし

今回の記事が、占いで起業する方のお役に立ったら嬉しいです。