このコーナーは、占いも出品できるオンライン・マーケット「ココナラ(coconala)」について語るコーナーです。

majyoko

今回は、

「ココナラで”売れる占い師”になるにはどうすれば良いか?」

…です。

引き続き、ココナラでタロット占い師をしているKさんのインタビューを続けます(///ω///)♪

ウサっ子

インタビューの最初はこちら!

ココナラで「売れる占い師」になるには?

  • インタビュアー…魔女っ子
  • 占い師…ココナラでタロット占いをやっているKさん




ココナラで売れるための注意点

わたし

ココナラで「売れる占い師」になるための注意点があったらお願いします。

ピエロ君

ココナラはとても参入者が多いんですよ。

占いだけでも7千件以上のサービスが出品されているんです。

わたし

う~ん…そんなにあるんですか!?

ピエロ君

はい。

ですので、売れるためには、よっぽど個性を出して行かないとダメだと思いますよ。

個性を打ち出し、差別化をはかろう!

わたし

例えば、どんな打ち出し方がありますか?

ピエロ君

例えばタロットだったら、1時間以内に返答するとか、イラスト付きの鑑定をするとか、面白いカードを使うとか

…何でもイイんですけど、とにかく他との差別化が必要ですよね。

わたし

ただ「当たる」と言うだけではダメなんですね。

ピエロ君

そうですね。

競争率が激しいですからね。

オリジナリティーあふれる工夫が必要ですよ。

「サイト」や「ホームページ」を作って自分で宣伝する!

わたし

ほかにはどんな注意点がありますか?

ピエロ君

やはり、自分でサイトやホームページを作って宣伝することは必須ですね。

わたし

やっぱり!

ピエロ君

これだけ出品数が多くなって来ると、ココナラ任せの販促ではどうにもならないですよ。

わたし

ココナラ任せにしないで、自分で宣伝しなさいと言うことですね。

ピエロ君

その通りです。

ですので、ブログやSNSをフル活用するスキルも必要となってきます。

わたし

はぁ~大変そうですね…。

ピエロ君

最近は、すごく簡単にサイトを作れるサービスがありますから、それを利用すればいいですよ。

ココナラでの占い、その将来性!

わたし

では、Kさんから見て、今後、ココナラはどうなって行くと思いますか?

ピエロ君

今後は「CtoCサービス」(個人間でモノやサービスを売買し合うサービス)は、どんどん増えてゆくと思うんです。

より安く、より手軽なサービスを人は求めていますから、「個人間売買」はかなり将来性があるんです。

ですので、その市場を狙ってココナラ以外のサービスもどんどん参入してくると思うんです。

わたし

なるほど。

今は、ココナラのような形で占いサービスを展開しているところは見当たらないけど、今後はたくさん出てくると。

ピエロ君

そういうことです。

ですので、ネットを通して個人が占いをすると言うのは「あたりまえ」の時代がくると思っています。




ココナラの占いは将来のビジネスへの布石!?

わたし

そうなると、ネット占い戦国時代みたいなことになりそうですね。

ピエロ君

そうですね。

あちこちにココナラのようなサービスが出てくるでしょうし、どんどん新しい人がネット占いに参入してくるんじゃないでしょうか?

わたし

競争が激しくなりそうですね。

ピエロ君

もちろんです。

しかし、ネット占いの認知度が高まれば、市場自体が拡大するので、占い師にとっては悪くないことだと思いますけどね。

わたし

なるほど。そうなると嬉しいですね。

ピエロ君

ですので、今、ココナラで占いをしている人は「将来のビジネスの布石」を打っていると思ってやったらいいと思いますよ。

ココナラへ一言

わたし

では、最後にココナラへ一言お願いします。

ピエロ君

ココナラは個人間売買の先駆けとして、今、重要な役割を担っていると思います。

ココナラが成功するか否かで、今後のマーケットの状況が変わってくる可能性があります。

ぜひ、これからもしっかり運営していって欲しいですね。

あと、怪しいサービスは規制して欲しいです(笑)

たとえば、自作自演して流行ってるように見せかけてるサービスなんかは、百害あって一利なしですからね。

わたし

ほんと、その通りですね!

今回は、お忙しい中、インタビューに応じてくださってありがとうございました。

ピエロ君

いえいえ、こちらこそありがとうございました!